スマートフォン..検討中...
スマートフォン..比較検討中...
Step.1 はじめに...
Step.2 アプリについて
Step.3 操作性について
Step.4 OSのバージョン
Step.5 改造性について
Step.6 OS比較...まとめ
Step.7 通信事業者
Step.8 総合結果
Step.9 スマホの○と×

 

ホーム比較検討中OSの比較検討...まとめ
スマートフォンのOSを比較検討したまとめ

 とりあえず今まで検討してきたものを含め表にしてみました。それぞれ振り返ってチェックしていきましょう。

  iOS Android
1.将来性
2.更新頻度
3.端末価値
4.アプリ質・量
5.アプリ支払い
6.操作性
7.改造性
8.端末の種類
9.端末の関連品
  1. 将来性:独創性溢れる appleの iOS は常にユーザーを驚かせてきたという確かな実績があるかと思います。
     一方 Android はまだまだこれから始まったばかりではありますが、以前のapple社とIBM社の構図に近く、 Android 市場の急拡大は続くと思えます。
  2. 更新頻度: iOS の頻度はそれほど速くないかもしれませんが、すでに十分満足出来る安定したOSとなっているのだと思います。
     一方、 Android は未だに更新することが多く、頻繁に更新しているようです。但し、OSがそもそも安定期に入っていないので iOS よりもフリーズ(急にアプリが無反応)する事が多いようです。
  3. 端末価値:OSの更新頻度、ブランド価値を踏まえると iOS の価値は下がりづらい。
     一方で Android は頻度が高いことから端末メーカーがバージョンアップを止めた際の値崩れ、及び、1年程度で「そんな古い端末まだ使ってるの?」と暗に思われる可能性が高い。
  4. アプリの質と量: iOS は共に問題なし(もちろん限りなく詐欺まがいの有料アプリも存在します)
     一方、Android は現状ではゲーム、いわゆる超大作系で大差があるようですが、市場の急拡大に伴いこれから先に期待しても良い分野かと。但し、その期待出来るアプリが、その時点で所持しているあなたの端末が十分に対応出来るかは疑問符が付き、ある意味「賭け」になるかと思います。
    注意 Androidはマーケットを通さない配布が可能であるため、悪意あるウイルスを混入したアプリの可能性もあります。従って今後ウイルス対策ソフトの導入、すなわちコスト増が考えられます。 個人的には Android 端末上で通販利用や個人情報の利用は控えるつもりです
  5. アプリの料金支払い方法: iOS はクレジットカードか、プリペイドカード払い。
     一方、Android はH23年03月から携帯電話料金に合わせた決済が可能のようですが、プリペイドカードは無いようです。
  6. 操作性: iOS 端末は最高レベルなので気にする必要はなし。 Android 端末はメーカー毎に異なるようですが、市場に参入するメーカーが多大なので今後 iOS と同レベルとなるのは間違い無いかと。従って現状では端末の操作性を必ず試し、納得ずくで購入に踏み切りましょう。
  7. 改造性: iOS は多少危険が伴い、改造するのにパソコンやWi-Fi などを必要とする場合もありなどちょとしたハードルの高さがあります。一方、 Android は現行のパソコンOSのWindowsと同じ、本人次第の自由度があると思います。つまり機能を拡張させるアプリそのものの自由度が高い。
  8. 端末の種類: iOS はiPhone、iPod touch、iPadなどに限られ、新機種は年1回?程度でしょうか。 Android は参入メーカー次第、とりあえず各シーズン毎に頻繁に新機種が登場する、といった感があります。
  9. 端末の関連品: iOS は端末の種類が少ないことで関連品メーカーが参入しやすく、種類が豊富で、関連書籍や所持者も多く、情報も収集し易い為、スマートフォン初心者にも一定の安心感があるかと思います。
     一方、 Android 端末は各メーカーごとに形状が異なるため、現状では売れ売れの「Xperia arc」「MEDIAS」等の人気機種を選択しておかないと関連製品や書籍を買うときに苦労します。例、液晶フィルム、防護ケース等

 

結論 スマートフォン購入を決める重要な要素、OSを選ぶのはとても大変かもしれません。ただ、私の私見を申しますとスマートフォンのOSは今後、 iOS 、 Android の他、死ぬ気で頑張れば!? なんとか Windows phone 7 、との三つ巴になるのかなと思っています。簡単にいうと、今のゲーム市場に似た様な構図になるのではと予想します。つまり、任天堂(Wii,DS)、ソニー(PS,PSP)、マイクロソフト(Xbox)のような三つ巴。

 果、スマートフォンも最終的に他のOSとの差別化が難しくなることからユーザーはアプリの話題性次第で複数のOSの端末を持つのが当たり前になるのかなと思います。

 

 いうことでどちらのOSを選択したとしてもそれほど後悔するようには思えませんが、私は以上のことから iOS は Android より否定する要素が少なかったため、現時点(2011/03/29)では iOS を選択することにしました。

 するに、Android OS はもう少し落ち着きをみせてから購入しても遅くはないかな、という思いから今回は Android 端末を見合わせた次第です。ちなみに私が今一番気になっている Android 端末はAUのHTC Evo WiMAX ISW11HT です。この端末はWi-Fi対応機器を最大8台まで接続可能なWiFiテザリングアプリを搭載しているそうで…これ一台でiPod touch や NDS、PSP も出先で楽しめてしまう…ぜひ欲しいッ。


 

次は、キャリアの選択について 次のページ 

 


Copyright © 2011 スマートフォン..検討中... All rights reserved. 累計: